新聞の分類

日本の新聞の発行部数は

  1. 読売新聞(1002万部)
  2. 朝日新聞(802万部)
  3. 聖教新聞(550万部)

となっています。
日本は世界で一番新聞の読まれる国だとされていて、このほかにも数多くの新聞が存在します。

中でも特定の産業や業界に特化した話題の記事を掲載する新聞の事を専門誌や専門新聞、業界紙と呼びます。反対に普通に読まれている新聞は一般紙といいます。業界紙は各分野、方面においていろいろな情報が反故である反面、一般的な報道記事がほとんどありません。しかし業界紙にもよりますが、発行部数は数百部のものから、数十万部のものまでまさにピンからキリまでといったところです。ビジネスを中心とした経済や金融などの新聞が多いですが、小中学生向けの新聞や英字新聞、スポーツ新聞などもこれに含みます。発行形態も日刊であったり、隔日であったり、週刊であったり月刊と様々です。一般紙の出版社の多くが日本新聞協会に加盟していますが、専門誌の出版社は新聞協会に加盟せずに発行しているものが多いです。