新聞記者の仕事

新聞記者の仕事は政治や経済、社会の動きを取材し、読者に伝えることにあります。世界のすべての出来事が取材の対象で、記者が読者に伝えたいと思ったことや人々がしえ勝つしていくのに必要だと考えた情報を意気地にして新聞を組んでいきます。
取材記者は企業や警察などで情報を集め、現場へ出向き最前線を取材していて、編集記者は取材記者から贈られてきた原稿の重要度を決めて読みやすくレイアウトしていきます。ニュースの重要性や読者の目を引くものなどを上手くレイアウトする腺多雨のセンスが必要だとされています。
この人たちのおかげで私たちは毎日新聞を読むことが出来るわけです。

新聞記者になるために特に資格は必要ではありません。ただ新聞記者には好奇心と前へ前へと進もうとする意欲が必要だといわれています。いろんな出来事に興味を持ち、自分で確認し、隠されている真実を暴くまで徹底的に取材をするという意欲、そしてそれを判断するための知識や判断力を常に磨き続けていくこと、これが新聞記者に重要なことだといわれています。